働き方改革に不安を抱える社長様、 助成金・補助金に興味がある社長様へ

08034046857

先端設備等導入計画 申請書作成パック

「先端設備等導入計画」申請書作成パック(完全成功報酬)のご案内(2018.6.26更新)

このページは認定支援機関・株式会社Masudaビジネスコンサルタンツによる、「先端設備等導入計画 申請書作成パック(完全成功報酬)」のご案内です。この記事は、

☑ 29年度補正予算 ものづくり補助金(1次公募)に「先端設備等計画の認定を受ける予定」にチェックして申請した法人・個人
☑ 29年度補正予算 ものづくり補助金(2次公募)に「先端設備等計画の認定を受ける予定」にチェックして申請する予定の法人・個人

だけ読んでください。該当しない方も、意味が分からない方も絶対に読まないでください。

※ちなみに、「ものづくり補助金ってナニ?」という方は、

・当ブログ内「ものづくり補助金」記事一覧

で、基礎知識の習得をされる事をオススメします。

前提(なぜ先端設備等導入計画の認定が必要なのか?)

さて。最初の2つに該当したあなたは当然知っているはずですが、今回、「先端設備等導入計画の認定を得る予定である」とチェックして申請すると、

・チェックしなかった企業より優先的に採択される
・補助率が3分の2にアップする(原則2分の1)

というメリットがありました。ですので、ほとんどの申請者はチェックをつけて出したはずです。チェックをつけても100%採択されるわけではありませんが、「優先採択される事は間違いない」んだったら、みんなチェックをつけて出すのが普通です。そこまでは何の問題もなし。問題は「チェックを受けて採択された場合は、先端設備等導入計画の認定書の写しを添付して交付申請をする事」というルールがある事。

まあ、「ウチは先端設備等導入計画の認定取ります」と言っておいて、いざ採択されたら「やっぱり認定取れませんでした」は認めないよ!っていう、ごくごく当たり前のルールなんですけどね。ただ、申請時(2018年3月頃)には、先端設備等導入計画のルールが全くわからない状況で、今も「先端設備等導入計画の認定って、どこにどうすればいいの?」という方が多いのが実情です。

まずは今回の流れを確認しましょう

細かい説明は省略しますが、これが「ものづくり補助金 従来の流れ」です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

それに対して、下記が「ものづくり補助金 今年の流れ」です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見ての通り、先端設備等導入計画の認定を受けないと次に進めません。例外は一切ありません。そして、先端設備等導入計画の認定には、場合によっては30日かかる可能性があります。

先端設備等導入計画の認定が遅れると、交付申請のタイミングが遅れる、つまり、事業期間や補助金の交付など、すべてが遅れます。もっと言うと、事業期間が短縮するので、モタモタしていたら、「2018年12月末までに事業完了できない」という最悪のケースが想定できます。

先端設備等導入計画の申請が可能となるタイミングは自治体ごとに異なりますが、7月初旬からどんどん申請できる状態になるでしょう。つまり、時間がないって事です。

この記事では先端設備等計画の具体的な書き方、申請方法は書きません。というか、さっきも言ったとおり、そんな事をやっている時間がないんです

自信がある方はぜひ自分でやってみてください。それほど難しくはありません。経営力向上計画よりカンタンです。

自信がなければ「先端設備等導入計画 申請書作成パック(完全成功報酬)」を当社にご依頼ください。費用は「成功報酬5万円+消費税」です。正直、作業量に比べて高いですが、この価格に納得いかない場合は絶対に申し込まないでください。自分で調べてもちゃんと出来ます。ただ、調べるだけである程度時間はかかると思いますし、不備があったら最悪認定が取れない(=ものづくり補助金1,000万円が出ない)事にもなりますので、ぜひ冷静にご判断ください。

肝心の「先端設備等導入計画 申請パック(完全成功報酬)」の流れはこんな感じです。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見てのとおり、着手金はゼロです。

不備があった場合の修正も、当然無料でさせていただきます。成功報酬は認定が下りたあとです。認定が下りなければ、報酬は1円も頂戴しません

対応は基本的にメール、電話のみとさせていただき、申請書や成功報酬の請求書もメールとなります。近い場所でも、訪問はしません。

また、見ての通り「申請書作成」が業務完了ですので、当社から送ったWordの印刷、押印、郵送、返信用封筒の準備などは、すべて御社でやっていただきます。(それも含めてやってほしいという場合は、別途3万円頂戴します)

なお、今回はあくまで「早急に認定を取る事だけ(ものづくり補助金のため)」が目的ですので、認定をとったあとの固定資産税の減免(工業会の証明書をつけて変更申請)は含まれておりません。希望する場合は別途費用を頂戴します。


「先端設備等導入計画 申請パック(成功報酬5万円)」を希望されるアナタはココをクリックしてください。​
↓ ↓ ↓

当社に依頼するしないは別として、急いで準備をしてください!

(C)株式会社Masudaビジネスコンサルタンツ


初回相談無料

お問い合わせは電話、メールどちらも365日対応しています(^^)

08034046857

TOP