働き方改革に不安を抱える社長様、 助成金・補助金に興味がある社長様へ

08034046857

小規模事業者持続化補助金

泉さんは、小規模補助金の申請代行をしてくれますか?

ども、泉です。補助金の申請について最近、身の回りで不思議な事が起きています。

なぜか分からないのですが、

「●●社労士事務所から、泉さんを勧められました」
「△△税理士さんから、泉さんが良いって聞きました」

という問い合わせが、増えているのです(笑)今週だけでなんと2件w

僕は●●社労士事務所さんも、△△税理士さんの事も知らないのですが、なぜか僕の事は知られているみたいで(笑)おそらく、このブログや、Facebook、はたまたレアなメルマガなど、見てくださっているんでしょう。ありがとうございます。同じ士業(しかも知らない方)の推薦を受けるなんて、マジで光栄です。

さて。タイトルの「小規模補助金(小規模事業者持続化補助金)の申請代行を泉はやっているのか?」という件ですが、結論を言うと「できない事はありません」となります。

ただ、当社は、労務顧問、助成金、ものづくり補助金をメインでやっており、小規模補助金には力を入れていません。ものづくり補助金ができるので、それの10倍くらい簡単な小規模補助金は出来て当然ですが、他の業務が忙しい事、また、費用対効果が悪いという点から、ほぼやっていないです。依頼が来ても、他の専門家を勧めてます(冷酷)。

そして、けっこう勘違いしている人が多いのですが、そもそも小規模補助金は社労士の仕事ではありません小規模補助金を得意としているのは、

①行政書士
②中小企業診断士
③税理士

この3者でしょう。ものづくり補助金も小規模補助金も、社労士で出来る人は、おそらく全体の3%程度です。僕はたまたま前職の会計事務所で補助金申請の機会があり、かつ”元マンガ家でストーリー作りが得意”という事もあり、出来るようになりました(おそらく、社労士では申請件数も金額も日本一クラス)が、そんなケースはごく稀です。

小規模補助金のコロナ特例型は、直近の締切が2020年10月2日と、まったく時間がありません。ですので、専門家を探すのであれば、「行政書士」か「中小企業診断士」で検索される事を強くお勧めします!

ちなみに、商工会議所への相談(無料)だけでも、けっこう親切なので、ある程度の書類は作れます。

——————————

今日の記事はここまでです。
「読んで参考になった」と思ったら、
「いいね!」やリツイートお願いします。


関連記事

初回相談無料

電話は原則、平日、土曜の8時~18時、メール、チャット、Facebookでのお問い合わせは365日対応しています。

08034046857

TOP