働き方改革に不安を抱える社長様、 助成金・補助金に興味がある社長様へ

08034046857

事業再構築

愚痴を言っても世界は変わらないが、声をあげなければ改善は無い

事業再構築補助金の事務局、本当にどうしようもないなと思います。
 

それに比べて、ものづくり補助金の事務局は本当にやりやすい。という事で、カンタンな比較表を作りました。

 


これは事務局に勤める各担当者が悪いわけではありません。構造、仕組みが悪いです。事務局(パソナ)や、委託した政府が悪いとしか言いようがありません。比較表にも書いていますが、事業再構築補助金の事務局(パソナ)の一番の間違いは、
 

「申請するには認定支援機関のお墨付きが必要なのに、認定支援機関と直接のやり取りを禁じている事」
 

に尽きます。笑ってしまいそうですが、とっても矛盾しています。
 

事業をやるのは中小事業者だから、中小事業者と直接やり取りをする事になっているんです」というのが彼らの言い分。まあ、専門家(認定支援機関)への丸投げを禁じようとする主旨は分からんでもないですが、考え方もやり方も間違っています。
 

①補助金を受ける中小事業者が、責任もって事業を遂行する事
 

と、
 

②事業遂行に必要なExcel、Wordの作成をする事
 

は、全く違います。
 

①は当然、中小事業者がやるべき(というか認定支援機関ではやれるわけがない)ですが、②は慣れている専門家が間に入るべきです。これは厚労省の助成金と全く同じ。中小企業と厚労省の間に、専門家(社労士)が入るから、スムーズに事業が進むんです。
 

・・・と、何人ものコールセンター担当者、その上長に切々と伝えましたが、今のところルールは変わっていません(笑)ただ、声を上げ続ければ、いつかルールが変わる可能性があります。過去にもそういう事がありました。
 

それを信じて、今回も私は改善要望を伝え続けます。コールセンターの皆さんには、めちゃくちゃ嫌われていると思いますけど(笑)
 

彼らのやっている業務は本当に無駄ばかりで、軽く見積もって50%は改善できます。人件費にすればおそらく数十億円の削減が可能ですから(彼らの人件費やパソナの売上は、我々の税金が財源です)。
 

これから事業再構築補助金にチャレンジする方、採択された方。
 

採択後に、もし事務局から理不尽な要求、意味不明の指摘をされたら、ぜひこの表を見ながら「ものづくり補助金では●●ですよ?」と優しく伝えてあげてください(^^)

 


 

仕事のご依頼、見積請求、その他お問い合わせは、下記「チャットワーク」からお願いいたします!

 

 

チャットワークが難しい場合は、通常の問い合わせフォーム(Googleアンケート)か、お電話でお問い合わせください。

 

月1~3回程度のチャットワークメルマガ(月2回音声と、不定期テキスト)を受け取りたい方は、下記をクリックして承認申請をお願いします(チャットワークアカウントが無い場合は、まずはアカウント作成をどうぞ)。

 
 


いずみ社労士・助成金事務所
代表/社会保険労務士/行政書士 泉正道
兵庫県姫路市北条宮の町287-6 ANGELO北条703号

 

歯科医院の経営者様は、新サイト「デンタルHRラボ」もご覧ください。

↓ ↓


関連記事

初回相談無料

電話は原則、平日、土曜の8時~18時.メール、チャット、Facebookでのお問い合わせは365日対応しています。

08034046857

TOP