働き方改革に不安を抱える社長様、 助成金・補助金に興味がある社長様へ

08034046857

その他補助金

2018年度 助成金・補助金動向まとめ(2018年1月27日現在)

今日は2018年1月27日現在での「2018年度 助成金・補助金」の動向について、ざっくりまとめます。あくまでざっくりなので、詳細はご自身で調べてくださいね♪

< 補助金 >
・ものづくり補助金:2月中旬か下旬にスタート。「先端設備等導入計画の認定」がポイント。この認定は必須と考えたほうがいい。
・IT導入補助金:昨年同様、これも2月から、数回に分けて実施されるはず。補助金上限が50万円に下がったが、対象ソフトウェアが相当増えたので、使わないともったいない。要件を満たしたらほぼ100%通るが、早いもの勝ち。
・軽減税率対策補助金:POSレジの購入等に対する補助。補助事業の完了期限を2019年9月30日まで延長

< 助成金 2018年4月1日からの改正 >
・キャリアアップ助成金 正社員化コース:継続されるが、「有期→正社員転換」も含め、転換前6ヶ月と転換後6ヶ月の総支給額を比較して、5%以上アップが必須要件に。
・人材開発支援助成金 制度導入コース:廃止と聞いております
・人事評価改善助成金:継続されるが、詳細は不明。※介護と建設業限定の助成金と統合されるらしい
・職場支援定着助成金:どうなんでしょう?調べきれてないです(笑)

その他、助成金の大きな流れとしては「生産性向上、残業削減、同一労働同一賃金、IT化」など、国の方針と合う助成金がいくつか創設されます。そのほとんどが「ソフトウェア等の設備投資」が必須になると思います(対象となるのは生産管理ソフトとか、勤怠管理ソフトでしょう)。

つまり、これまでのような「●●を実施したら50万円」という助成金は減り、「実際にかかったお金の何%かを補助する」という助成金が増えるようです。ですので、「助成金を使って儲けよう」なんて考えは、2018年4月1日以降、ほぼ通じないでしょう。逆に、2018年3月31日までに計画届が受理されたものは、ギリギリセーフという事です。

※ちなみに、泉はすでに繁忙期に入っており、2018年5月頃までは新規の仕事をいっさい受けられませんのでご了承ください。補助金、助成金問わずです。すみません。。。

 

今日は以上です!


関連記事

初回相談無料

お問い合わせは電話、メールどちらも365日対応しています(^^)

08034046857

TOP