働き方改革に不安を抱える社長様、 助成金・補助金に興味がある社長様へ

08034046857

労務

顧問契約はカンタンに受けないほうが良い

 

士業の方、お客さんが顧問契約を希望されたら、すぐに受けていますか?当社では一定のハードルを設けて、そう簡単には受けないようにしています。

 

開業当初は売上も少ないので、依頼があったら、「よっしゃ!顧問契約だ!!」なんて喜んでいましたが、今は全然そんな風に思いません。

 

「顧問契約を結んだとして、自分に何が出来るか?」という事を、まず”お客さん目線”で考えます。

・事務員がいないので、その部分を外注化したい
・労務問題で従業員とよく揉める
・どんな助成金がベストかよく分からない
・助成金の申請がうまくいかない
・勤怠管理の方法がテキトー
・給与計算方法が間違っているか
・ハラスメント問題にどう対応していいか分からない
・経営が順調だが、就業規則や雇用契約書がない
・もっと従業員が働きやすい会社にしたい
・メルマガ等で情報だけでも受け取りたい

ヒアリングをして、このような悩み事や考えがあるなら話を先に進めますが、無いなら「今の状況ならスポットでいいと思いますよ」とか伝えます。
 

知人から、なんとなく「社労士とも顧問契約を締結したほうがいいよ」と聞いて、とりあえず探した。でも、従業員はたった1名で、今後も増える見込みがない従業員と揉めているとかもないし、労働法も遵守している。
 

とかだと、社労士としてやれる事がほとんど無いので。危機感をあおったり、相手の潜在ニーズを掘り起こす事も全然できるんですが、性分的にやりたくないんですね。
 

「なんとなく顧問契約」

なんて、絶対にやりたくありませんし、やめたほうがいい。相手が顧問契約を希望しているのに、顧問契約でなくても大丈夫だと気づかせてあげる。我ながら、なんていい人なんでしょう(笑)
 

冗談はさておき、長期的な付き合いとなる顧問契約では「初期認識のすり合わせ」が重要と言う事です。
 

★経営者は、自社の問題点を自覚して、その改善のために社労士に依頼すると認識する。
★社労士も、クライアントの問題点を把握して、その改善をすると認識する。
 

これをしっかりやっておけば、「ウチの社労士は何もしてくれない」なんて事にもなりません。
 

PS

なお、大型補助金の申請は、スポットでしか受けていません。補助金の話をしているうちに「労務問題も抱えている。今の顧問社労士から変えたい」という相談が出る事も多いですが、そこでもいったん”保留”としています。
 

まずは補助金に集中しましょう。そのうえで、補助金が採択されたら労務の話を具体的に聞かせてください」という感じです。出会ったばかりのクライアントについて、補助金を進めながら、同時に労務問題も着手したら確実に補助金で失敗します。
 

補助金が不採択になったら結構気まずいですからww
 

労務で顧問契約を取るためにも、最初に依頼された補助金を頑張る。これも大事だと思っています。

 


仕事のご依頼、見積請求、その他お問い合わせは、下記「チャットワーク」からお願いいたします!

               

※どうしてもチャットワークが難しい場合、通常の問い合わせフォーム(Googleアンケート)か、お電話でお問い合わせください。

 

月1~3回程度のチャットワークメルマガ(月2回音声と、不定期テキスト)を受け取りたい方は、下記をクリックして承認申請をお願いします(チャットワークアカウントが無い場合は、まずはアカウント作成をどうぞ)。

                                             

いずみ社労士・助成金事務所
代表/社会保険労務士/行政書士 泉正道
兵庫県姫路市北条宮の町287-6 ANGELO北条703号


関連記事

初回相談無料

電話は原則、平日、土曜の8時~18時.メール、チャット、Facebookでのお問い合わせは365日対応しています。

08034046857

TOP