働き方改革に不安を抱える社長様、 助成金・補助金に興味がある社長様へ

08034046857

産休・育休系

出産育児で休業する社員がいるなら必見(社会保険料免除+国から手当が出ます)

いわゆる助成金ではないですが、場合によっては助成金より大きな効果を生む可能性がある、会社にとっても本人にとってもすごく助かる制度について案内します。今回から数回に分けてやります。

雇用保険、社会保険に加入させている女性役員か女性社員が1人以上いて
・近いうち出産育児で休業に入る予定 もしくはすでに休業中
休業中は給料を減額、もしくは無給にしている(orそうしたいと考えている)

というアナタは必見です。今回の話を一言でいうと、

社会保険料が免除される(休業期間中、会社も本人も負担がゼロに)
・産前産後の約3ヶ月、健康保険から「出産手当金」がもらえる(従業員が)
・産後が終わったら、雇用保険から「育児休業給付」がもらえる(従業員が)

というものです。図にすると・・・

キャプチャ

うん。最近作ったのですが、我ながらまあまあ分かりやすい図ですね(笑)

仮に「月給20万円の人が休業期間中給料ゼロ」だと、所定の手続きをするだけでだいたい120万円もらえる事になります。「産前6週間前から子が1歳になる前まで(約1年)」で120万円なので、1ヶ月あたり10万円くらい。もともとの半分くらいですね。これが「いっさい出勤しなくても」もらえます。働かずに10万円もらえたら家計も助かりますよね。

この間、会社は給料も社会保険料も一切負担なく、もちろん本人も社会保険料負担ゼロ(でも社会保険の加入は継続されているので、健康保険証もフツウに使えます)ですので、実質の効果としては150万円を軽く超えるとボクは認識しています。

子育てをする人(特に女性)を支援する制度は年々拡充されており、知らなかったらとんでもなく損という事ですね。何もしなければ社会保険料はかかり、手当も出ず、それがイヤだから「辞めてもらう」なんて事になるかもしれません。

次回からもう少し詳しく書いていきます。

——————————

今日の記事はここまでです。
「読んで参考になった」と思ったら、
「いいね!」やリツイートお願いします


初回相談無料

お問い合わせは電話、メールどちらも365日対応しています(^^)

08034046857

TOP