「事業拡大」「法令順守」「助成金・補助金」を同時に実現させたいなら、C&Pいずみ社会保険労務士法人。ものづくり補助金、事業再構築補助金など、大型補助金にも強い特定社労士&行政書士にご相談ください。

08034046857

もの補助

補助金やるなら「GビズID」アカウントを作ってください

おはようございます。最近めっきりホームページからの問い合わせが減っている泉です(笑)
顧問業務が忙しくてブログ更新が少ないからなのか、単に人気がないだけなのかw

まあ、それはどうでもいいとして。

今日の記事ですが、今後、国単位の補助金を獲得するなら、今すぐ「GビズID」のアカウントを取得してください、って話です。

これ、オススメとかそんなレベルではなく、「必須」です。

カンタンに言うと、補助金申請はすでに電子申請化に向けて動いています。
2019年夏に実施されたものづくり補助金も「電子申請のみ」でした。

その電子申請をやるにあたって、「GビズID」のアカウントが必要という事です。
これを持っていないと、その企業は申請ができません。
専門家が書類作成をするにしても、企業自体のアカウントが必要です。

「百聞は一見にしかず」という事で、
このYou Tube動画をご覧ください。
経済産業省が作ったものですが、分かりやすいです。

●GビズID紹介動画(アカウント作成編)2019/12/03
https://www.youtube.com/watch?v=HbPRuahun2o&feature=youtu.be

 

もう少し詳しい申請方法が知りたいアナタは、
この資料をご覧下さい。
これも経済産業省が作ったものと思われます。

●GビズID クイックマニュアル gBizIDプライム編 ver1.1 2019年10月
https://gbiz-id.go.jp/top/manual/pdf/QuickManual_Prime_Ver1.1.pdf

 

で、アカウントの種類は3つありますが、取るなら「gBizIDプライム」がいいでしょう。
「gBizIDエントリー」は即日発行可能ですが、おそらく制限が多いです。
「gBizIDプライム」は制限なしだと思われます。

アカウント申請から発行まで2~4週間程度かかるのかな。
とにかく、アカウント発行申請は先にやっておきましょう。
費用も印鑑証明代と郵送代くらいだから、2,000円以内じゃないでしょうか?
アカウント発行しておいて損はありません。

 

ちなみに今のところ、経済産業省管轄の補助金だけが対象のようですね。

・ものづくり補助金
・小規模事業者持続化補助金
・IT導入補助金

は、このアカウントが必要だと決定しています。

 

ちなみに、今後は厚労省の助成金も電子申請化されるはずです。
何年後かは分かりませんが、これは間違いありません。
この「gBizIDアカウント」となるか、
別の方法になるかは分からないですが。

だって、役所も人手が足らないし、
紙を印刷して申請なんて、はっきり言って時間がかかりすぎますw

全部が全部、電子上で済むって事はないでしょうが、
企業概要などの共通情報は電子上で完結するでしょう。

まあいずれにしても、
国単位、政府単位の大きな補助金の申請をされるアナタは、
今すぐ「gBizID」アカウントを取得してください!

では!

 


 

仕事のご依頼、見積請求、その他お問い合わせは、下記「チャットワーク」からお願いいたします!

 

 

チャットワークが難しい場合は、通常の問い合わせフォーム(Googleアンケート)か、お電話でお問い合わせください。

 

月1~3回程度のチャットワークメルマガ(月2回音声と、不定期テキスト)を受け取りたい方は、下記をクリックして承認申請をお願いします(チャットワークアカウントが無い場合は、まずはアカウント作成をどうぞ)。

 
 


C&Pいずみ社会保険労務士法人
代表社員/社会保険労務士/行政書士 泉正道
兵庫県姫路市北条宮の町287-6 ANGELO北条703号

 

歯科医院の経営者様は、新サイト「デンタルHRラボ」もご覧ください。

↓ ↓


関連記事

初回相談無料

電話は原則、平日、土曜の8時~18時.メール、チャット、Facebookでのお問い合わせは365日対応しています。

08034046857

TOP