台風による休業には休業手当(基本給の60%)が必要?

台風による休業には休業手当(基本給の60%)が必要?

2018年10月2日

さて、助成金も補助金も、特にこれと言って書くことがないので(今アツいのはIT導入補助金ですが)、最近問い合わせが多い件について。タイトルの通り、「台風で会社やお店を休みにした場合、従業員に対して会社は休業手当を支払う必要があるか?」です。

※ちなみに「休業手当」とは、本来仕事をする日なのに会社側の責任で休みになった場合、会社が平均賃金の60%を労働者に支払いなさい、という労働基準法のルールです。

で、さっきの疑問についてインターネットで調べると、多くは、

「台風による休業は会社責任ではないから、休業手当を支払う必要は無い」

という結論みたいですね。ただ、実を言うと、これは正解とは言いきれません

仮に「台風だから、ウチは全店休業にした。別に会社責任ではない、天災事変の1つだ」と言っても、じゃあ「台風だから、なぜ休業にしたの?」という問題が生じます。

①公共機関が全く動かず出勤不可能だった
②地下鉄は動いているから、出勤可能ではあったが従業員の安全を考え休みにした
③公共機関もだいたい動いていたが、他の会社が休みにしているとニュースで見たから休みにした
④公共機関は通常運行だったが、おそらくお客さんが来ないだろうから店を開けても無駄なので休みにした

その理由によって、休業手当の支払い義務が生じるかどうか判断は分かれます。おそらく①であれば支払い義務は生じないでしょうし、労基署や裁判所に訴える人もいないでしょう(笑)

②については従業員の事を考えていて素晴らしいのですが、これは会社責任による休業と判断され、厳密に言うと休業手当の支払い義務が生じるでしょう。とは言っても、この状況で労基署や裁判所に訴える人も、まあいないと思います。

④はどう見ても会社責任による休業なので、休業手当の支払い義務が生じますし、これだと労基署くらいなら訴える人がいるかもしれません。

③は、なんとも根拠として弱いですよね(笑)他人が死んだらアンタも死ぬんかいというか、経営者だったら自分でロジックを持って考えろよって話。この場合の判断は結局、「その日、公共機関の動き等がどうだったか?休業させる必要が本当にあったか?」が審議されるので、一概にどうとは言えません。

結局、法的義務が生じるかどうかよりも、「やった事に対して文句を言ってくる従業員がいるかどうか」が重要って事ですね。度合いもよりますが、②のやり方は悪質でも何でもないですからね、これで会社に支払い義務が生じるって事が、僕はそもそもおかしいと思います。

で、従業の不満を生んだしないために、従業員に対して不公平な扱いをしないって事も重要です。ベテランに対しては休業手当を支給するけど、新人やパートに対しては休業手当を支給しないとか、これはマズイですね。僕が従業員なら間違いなくムカつきます(笑)休業手当を支給するなら、原則として全従業員を対象としてください

今年はJRの計画運休とか、これまでに無い事態が起こっていて会社もどう対応すべきか困っているようですが、今回の記事をヒントにしてもらえたら幸いです。

では!

 

 


 

仕事のご依頼、見積請求、その他お問い合わせは、下記「チャットワーク」からお願いいたします!

 

 

チャットワークが難しい場合は、通常の問い合わせフォーム(Googleアンケート)か、お電話でお問い合わせください。

 

月1~3回程度のチャットワークメルマガ(月2回音声と、不定期テキスト)を受け取りたい方は、下記をクリックして承認申請をお願いします(チャットワークアカウントが無い場合は、まずはアカウント作成をどうぞ)。

 
 


C&Pいずみ社会保険労務士法人
代表社員/社会保険労務士/行政書士 泉正道
兵庫県姫路市北条宮の町287-6 ANGELO北条703号

 

歯科医院の経営者様は、新サイト「デンタルHRラボ」もご覧ください。

↓ ↓


カテゴリー

アバター画像

経営者に寄り添うヒトの専門家

泉 正道

・C&Pいずみ社会保険労務士法人 代表

・特定社会保険労務士

・キャッシュフローコーチ

・聴くプロ、経営革新等支援機関

1980年生まれ。福岡県出身。国立高専に入学するも、人間関係などの理由から6ヶ月で退学、最終学歴は中卒。その後10以上のアルバイトを経験。26歳で就職した会社がブラック企業だった事を機に、「労使ともに幸せにできる社労士」を目指す。

2009年から社労士事務所、2013年から会計事務所での勤務を経て、2019年7月に姫路で独立。“従業員15名以下の歯科医院”を中心に、全国的に顧問契約を広げる。

軌道に乗ってからも顧客への提供価値を高めるため、数多くのセミナー、講座を受講。名だたる士業が参加した某営業力養成講座では、29名中3位。キャッシュフロー養成講座(京都7期)でも同期中2位の成果を収めるなど、「コンサルタントが認めるコンサルタント」として活躍している。

現在では、コーチングや心理学の知識を生かして、

・社長の心と思考整理

・企業理念浸透コンサル

・Dojo(アイデア壁打ち道場)

・“5年後の幹部”採用支援

など、ユニークなサービスを顧客に届けながら、中小企業のパートナーとして支援を続けている。

助成金、補助金の支援実績も多数あり。“補助金にも精通する社労士”という特殊なポジションを築き「資金繰り改善手段としての助成金」「助成金の中毒性」等のテーマで、セミナーも行っている。

●Amazon kindle

いずれも、Amazonランキングで部門1位(デイリー)を獲得。

「小さな歯科医院のための 今すぐ使える助成金・補助金ガイド」

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B09X9FSP78/ref=dbs_a_def_rwt_bibl_vppi_i2

「助成金 社労士が経験したリアルな不支給事例7+11」

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B099W4C4G2/ref=dbs_a_def_rwt_bibl_vppi_i0

「中小企業経営者のための事業再構築補助金 採択必勝ガイド」

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B09638BVM9/ref=dbs_a_def_rwt_bibl_vppi_i1

関連記事