仕事もゴルフも、好きな人としかやらない男

仕事もゴルフも、好きな人としかやらない男

2019年10月1日

どうも。孤高の社労士・泉です。今日は社労士を含む士業の先生方、金融機関の方に向けて記事を書きます。

元・漫画家(売れんかったけど)だからなのか、僕は感情を大切にするタイプです。そして、よく泣きます。漫画を見ては泣き、映画を見ては泣き、はじめてのおつかいを見ては泣く。そして、探偵ナイトスクープで西田局長が泣いている姿を見ては泣き・・・(笑)

そして僕は、あまり細かい計算をして生きてはいません。仕事柄、合理的で几帳面なところもありますが、基本は「自分の感情を一番大事に」生きています

だから仕事も、”合う”お客様としかしたくありません。と言っても、合わないお客様は全体の5%くらいですが。だから僕が仕事を受けた時点で、僕はそのお客さんと「合うと思っている」という事ですね。

それと同時に、税理士、司法書士、行政書士の先生、銀行や信用金庫の方、生命保険、損害保険の代理店の方についても同じ事が言えます。確実に合う合わないがある。むしろ、一般のお客様より合う、合わないがハッキリ分かれます。2割くらいとは全然合わない(笑)

僕はアクティブなタイプですし、年齢も39歳とそこそこいっているので、やはり士業系、金融系の知人はかなり多くなりました。そして、「お客様を紹介しあう」機会もかなり多いです。

その中で、「紹介料を取るタイプの人」とは価値観が合わないと言えるでしょう。そして基本的にそういう方からの紹介は受けていません

どうして断るかって?紹介手数料を支払うのがイヤなんて、そんなセコい理由じゃありません。

「 ご紹介 = 大切なお客様 」を、お金に変えたくないからです。

僕が紹介手数料をその人に支払ったら、その人は、次も僕にお客様を紹介してくれる可能性が高くなります。でも、それって顧客ファーストですか??

・僕が良い社労士だから紹介する → 顧客ファースト
・僕が紹介手数料をくれる社労士だから紹介する → 自分(士業)ファースト

という違いです。なんか、イヤじゃないですか(^_^;)?ぜんぜん楽しくないですね。マジでアホかと思います(言い過ぎ)。

あとね、紹介手数料の計算も、請求書も振り込みも、はっきり言ってめんどくさい(笑)そんな事に時間をさけるほど暇じゃないんです(何様)。

逆に、僕が誰かにお客様を紹介した場合も、紹介手数料なんて一切もらっていません。

だって、僕ができない事を他士業や金融機関の方にやってもらって、それでお客様に喜んでいただける。お客様の満足度は確実に上がります。僕としたら、めっちゃくちゃ助かります!!・・・なのに、そのうえでさらに紹介手数料を頂戴しようなんて、なんていやすく、なんて図々しいんでしょう。

僕が今後もし、お客様からの信頼を失う事があり、売上が減り、紹介手数料無しでは生きていけなくなった時は、社労士を辞める時でしょうね。顧客ファーストの動きをするために独立したのに、自分ファーストで生きるなんて全く意味がない。社労士としての泉は死ぬべきでしょう。

 

紹介手数料で利益を上げている会社もたくさんあるので、そのやり方自体は否定しません。立派なビジネスモデルの1つです。

ただ、僕には合わない、好きじゃないという事です。

 

僕のこのホームページも、一般企業の方だけでなく、税理士、公認会計士、保険会社の方、そして社労士が見てくださっているようです。問い合わせが来たり、「ホームページでいつも見ています」って最近よく言われますから(笑)

ただ、何度も言うように、僕は紹介手数料をもらいませんし、紹介手数料を支払ってまで紹介を受けたいとは1ミリも思っていません。ですので生意気ですが、そのような方は同じタイプの社労士をお探しください

逆に、「めっちゃ分かるぞー!!」と、僕と考えに共感できるという税理士、司法書士、行政書士の先生、銀行や信用金庫の方、生命保険、損害保険の代理店の方は、ぜひ気軽にメール、お電話でご連絡ください(^^)助成金、労務、補助金、なんでも結構です。紹介するとかしないとか置いといて、「アナタが気軽に相談できる社労士」として、ぜひキープしてください。

変な意味ではなく、僕は仕事をするなら好きな人としたい。仕事の優秀さも大事だけれど、やっぱり人柄や価値観を大事にしたい

仕事の能力だけなら僕より上の社労士なんてゴマンといます。でも、アナタと価値観が一番合う社労士、アナタのお客さんと一番合うのは僕かもしれない。そういう可能性は十分あると思っています。

まあ、いきなり仕事の話もなんですし、1回、酒でも飲みに行きましょう(^^)酒が入ると楽しくなっちゃうんで、仕事の話を一切しないかもしれませんがその時は許してください(笑)ゴルフにも行きましょう(ただゴルフしたいだけ)♪

という事で、「おお!泉とはウマが合いそうだ!!」と感じられたアナタ。

ぜひ気軽にお電話ください(^^)

 


 

仕事のご依頼、見積請求、その他お問い合わせは、下記「チャットワーク」からお願いいたします!

 

 

チャットワークが難しい場合は、通常の問い合わせフォーム(Googleアンケート)か、お電話でお問い合わせください。

 

月1~3回程度のチャットワークメルマガ(月2回音声と、不定期テキスト)を受け取りたい方は、下記をクリックして承認申請をお願いします(チャットワークアカウントが無い場合は、まずはアカウント作成をどうぞ)。

 
 


C&Pいずみ社会保険労務士法人
代表社員/社会保険労務士/行政書士 泉正道
兵庫県姫路市北条宮の町287-6 ANGELO北条703号

 

歯科医院の経営者様は、新サイト「デンタルHRラボ」もご覧ください。

↓ ↓


カテゴリー

アバター画像

経営者に寄り添うヒトの専門家

泉 正道

・C&Pいずみ社会保険労務士法人 代表

・特定社会保険労務士

・キャッシュフローコーチ

・聴くプロ、経営革新等支援機関

1980年生まれ。福岡県出身。国立高専に入学するも、人間関係などの理由から6ヶ月で退学、最終学歴は中卒。その後10以上のアルバイトを経験。26歳で就職した会社がブラック企業だった事を機に、「労使ともに幸せにできる社労士」を目指す。

2009年から社労士事務所、2013年から会計事務所での勤務を経て、2019年7月に姫路で独立。“従業員15名以下の歯科医院”を中心に、全国的に顧問契約を広げる。

軌道に乗ってからも顧客への提供価値を高めるため、数多くのセミナー、講座を受講。名だたる士業が参加した某営業力養成講座では、29名中3位。キャッシュフロー養成講座(京都7期)でも同期中2位の成果を収めるなど、「コンサルタントが認めるコンサルタント」として活躍している。

現在では、コーチングや心理学の知識を生かして、

・社長の心と思考整理

・企業理念浸透コンサル

・Dojo(アイデア壁打ち道場)

・“5年後の幹部”採用支援

など、ユニークなサービスを顧客に届けながら、中小企業のパートナーとして支援を続けている。

助成金、補助金の支援実績も多数あり。“補助金にも精通する社労士”という特殊なポジションを築き「資金繰り改善手段としての助成金」「助成金の中毒性」等のテーマで、セミナーも行っている。

●Amazon kindle

いずれも、Amazonランキングで部門1位(デイリー)を獲得。

「小さな歯科医院のための 今すぐ使える助成金・補助金ガイド」

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B09X9FSP78/ref=dbs_a_def_rwt_bibl_vppi_i2

「助成金 社労士が経験したリアルな不支給事例7+11」

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B099W4C4G2/ref=dbs_a_def_rwt_bibl_vppi_i0

「中小企業経営者のための事業再構築補助金 採択必勝ガイド」

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B09638BVM9/ref=dbs_a_def_rwt_bibl_vppi_i1

関連記事