「事業拡大」「法令順守」「助成金・補助金」を同時に実現させたいなら、C&Pいずみ社会保険労務士法人。ものづくり補助金、事業再構築補助金など、大型補助金にも強い特定社労士&行政書士にご相談ください。

08034046857

その他補助金

2022.4.7YouTube「補助金、まさかの取消事例(信用金庫は中小企業の敵か?)」

おはようございます!
特定社労士・行政書士の泉です。

 

本日配信YouTube
「補助金 まさかの取消事例(信用金庫は中小企業の敵か?)」

 

 

< 近況 >
・電子書籍3冊目「小さな歯科医院のための今すぐ使える助成金・補助金ガイド」が間もなくリリースされます
・4/11(月)17:00~ 4/16(土)16:59まで無料キャンペーンの予定なので、無料で買う事をおススメします


< 音声まとめ >
・「事業再構築補助金」において「事業主都合による採択取消
し」が発生しました。

・ものづくり補助金、事業再構築補助金ともに、採択取消しは初の経験

・問題になったのは「建物の所有者」です

< 背景 >
・補助金の対象企業:A社
・土地の所有者:工務店B社(A社の親しい)
・土地代金について、B社はX信用金庫から資金を借りている
・建物の建築費用4,000万円も、A社がX信用金庫から借りる予定だった
・しかも、A社の建物を建てるのは土地の所有者B社(工務店)

・頭金1,500万円は、A社から建設業者に支払済

・建物の所有者は、当然お金を出すA社になる・・・・はずだった

・どういう話があったか分からないが、フタを開けてみると「建物の所有者はB社。そうでないと、X信用金庫はA社に資金を貸せない」という契約だった

・つまりB社は、
①自分の土地に
②他人(A社)のお金を使って
③自分の建物を建てようとしていた
➡聞いたことがない


・事前に確認をしていなかったA社長にも責任の一端はあるが、A社長も「まさかそんな契約とは思いもしなかった」と。その通りだと思う。

・所有権という、もっとも大きな権利についての説明責任を果たしていない(ただ、その責任が建設業者にあるのか、誰にあるのかは泉には分からない)

・所有権がA社でない以上、補助金は出ない(当たり前の話であり、当社では必ず事前に確認している)

・なので、泉からA社長に「所有権をA社にしてもらうよう打診してほしい」と伝える
➡X信用金庫、B社ともにこの申し入れを拒否。

・X信用金庫は申請前に、「補助金の事業計画を出してほしい」「事業計画書のこの数字が違っている」と、さんざん当社に口を出してきていた

・「 補助金対象とすると事前に知っている = 建物の所有者はA社でないと問題がある 」という事は理解していたはず

・泉から「X信用金庫と直接話しても良いですか?」と聞いたが、社長が「もめるのも面倒なので、こらえてください」と言われ終了

・A社からB社に支払っていた建築費用の頭金1,500万は返済される予定

・今後は、B社所有の建物をA社が賃料を払って借りる事になるので、事業自体は進められる。そこだけは良かった。

・信用金庫は基本的に中小企業の味方ですが、彼らはしょせんサラリーマン。本当の意味で責任を取る事はしない。

< 補助金の大原則まとめ >
・計画を出す
・認定(採択や交付決定)
・事業を進める
・支払いは銀行振込
・所有権は自社(他社のモノを買ってもNG)
・使用するのも自社(他社に使わせるのはNG)


今日の話は以上です。
スタッフとのトラブル回避、助成金、補助金でお困りの方は、ぜひ当社にご相談ください。


仕事のご依頼、見積請求、その他お問い合わせは、下記「チャットワーク」からお願いいたします!

 

※チャットワークが難しい場合は、通常の問い合わせフォーム(Googleアンケート)か、お電話でお問い合わせください。

月1~3回程度のチャットワークメルマガ(月2回音声と、不定期テキスト)を受け取りたい方は、下記をクリックして承認申請をお願いします(チャットワークアカウントが無い場合は、まずはアカウント作成をどうぞ)。


C&Pいずみ社会保険労務士法人
代表社員/社会保険労務士/行政書士 泉正道
兵庫県姫路市北条宮の町287-6 ANGELO北条703号

歯科医院の経営者様は、新サイト「デンタルHRラボ」もご覧ください。

↓ ↓


関連記事

初回相談無料

電話は原則、平日、土曜の8時~18時.メール、チャット、Facebookでのお問い合わせは365日対応しています。

08034046857

TOP