「事業拡大」「法令順守」「助成金・補助金」を同時に実現させたいなら、C&Pいずみ社会保険労務士法人。ものづくり補助金、事業再構築補助金など、大型補助金にも強い特定社労士&行政書士にご相談ください。

08034046857

労働問題

相談事例(サービス業) 退職時に有給休暇をまとめて請求された場合

Q 従業員から退職の申し出を受けましたが、「余っている年次有給休暇を、まとめて消化した上で退職したい」と言っています。

有給休暇は残り10日で、退職日までの出社予定は15日あります。

ただ、今は繁忙期ですし、たった5日ではちゃんと引継ぎはできません。代わりの人を補充する時間的な余裕もありません。

時季変更権などを行使して、なんとか事態を穏便に収束させることは可能でしょうか?

 

A もう少し詳しくヒアリングしないと回答が難しいですが、ただ「繁忙期だから」「代替要員がいないから」という主張では、時季変更権を行使することはできません。

使用者は、労働者が有給取得できるよう配慮する義務があります。代わりに出勤できる人員を確保したり、業務を別の日に移す努力をして、そのうえでどうしようもない場合は時季変更権が行使できます。そのような努力をされたなら、講師可能かもしれません。

また、原則として退職予定日を超えての行使も不可能です。 (退職日をずらせば可能ですが)

今回のケースでは有給申請者の請求が通る可能性が高いと言えますが、法律論で争わず、「引継ぎが終わるまで退職を延期してほしい」と、正直に伝えてみてはどうでしょうか?

※時季変更権・・・請求された時季が事業の正常な運営を妨げる場合は(一定の努力は必要)、他の時季に有給休暇を与えることができる権利。

 


 

仕事のご依頼、見積請求、その他お問い合わせは、下記「チャットワーク」からお願いいたします!

 

 

チャットワークが難しい場合は、通常の問い合わせフォーム(Googleアンケート)か、お電話でお問い合わせください。

 

月1~3回程度のチャットワークメルマガ(月2回音声と、不定期テキスト)を受け取りたい方は、下記をクリックして承認申請をお願いします(チャットワークアカウントが無い場合は、まずはアカウント作成をどうぞ)。

 
 


C&Pいずみ社会保険労務士法人
代表社員/社会保険労務士/行政書士 泉正道
兵庫県姫路市北条宮の町287-6 ANGELO北条703号

 

歯科医院の経営者様は、新サイト「デンタルHRラボ」もご覧ください。

↓ ↓


関連記事

初回相談無料

電話は原則、平日、土曜の8時~18時.メール、チャット、Facebookでのお問い合わせは365日対応しています。

08034046857

TOP