「事業拡大」「法令順守」「助成金・補助金」を同時に実現させたいなら、C&Pいずみ社会保険労務士法人。

08034046857

相談事例

相談事例(歯科医院)退職日の決め方を教えてください

 

Q 半年ほど前から、体調不良で欠勤をしていたパート職員から退職の申し出がありました。

復帰が難しく、休業に入ってから一度も出勤しないままの退職です。
この場合、休業が始まった日を「退職日」として良いのでしょうか?

 

A  正直、そのように処理したい理由が分からないですが、その方は休業後も在籍していたはずなので、休業日まで戻って退職日とする事は認められません。

仮にそれで処理をすると、後から色々な支障が出ると思いますし、そうする必要性も感じません。

休業開始日から退職日までは「休業」という扱いにし、退職の申し出があった直前の給与締日を退職日としてください。

そして、退職日と退職理由を書いた「退職届」も出して頂いたほうが良いですね。 その場合、提出日も退職日と同じ日で書いてもらってかまいません。

 


お問い合わせがあればは、下記「チャットワーク」からお願いいたします!

 

チャットワークが難しい場合は、通常の問い合わせフォーム(Googleアンケート)か、お電話でお問い合わせください。

月1~3回程度のチャットワークメルマガ(月2回音声と、不定期テキスト)を受け取りたい方は、下記をクリックして承認申請をお願いします(チャットワークアカウントが無い場合は、まずはアカウント作成をどうぞ)。

 
 


C&Pいずみ社会保険労務士法人
代表社員/社会保険労務士/行政書士 泉正道
兵庫県姫路市北条宮の町287-6 ANGELO北条703号

歯科医院の経営者様は、新サイト「デンタルHRラボ」もご覧ください。

↓ ↓


関連記事

初回相談無料

電話は原則、平日、土曜の8時~18時.メール、チャット、Facebookでのお問い合わせは365日対応しています。

08034046857

TOP