「事業拡大」「法令順守」「助成金・補助金」を同時に実現させたいなら、C&Pいずみ社会保険労務士法人。

08034046857

相談事例

相談事例(歯科医院)従業員の給与について

 

Q 歯科助手として勤務中のスタッフから、衛生士学校に通いたいと相談がありました。

「今後も働きたいが、歯科助手のままだと給料が増えないので、資格を取った方が良いのでは?」と考えたのが理由だそうです。

反対では無いのですが、助手や受付としてのスキルが素晴らしいので、衛生士になるとそれが活かせないような気がします。

資格を取る以外で、給料を上げる方法はありますか?

 

A 方法はたくさんあると思います。基本給を上げる、もしくは「職務手当」などをつけてあげる等です。

”歯科助手の一般的な給与水準”を超える額を支給できないというルールも特にありません
院の売上に貢献しているスタッフであれば、職種に限らず、「売上のうち何%かを給与に反映させる」という歩合給的な方法もあります。

また、従業員の持っている能力(営業、接遇、管理)を評価し、給料を設定することも出来ます。

非常にスキルが高いスタッフという事ですし、「当院では、資格の有無だけで判断しない」「基本給に上限はない事」「院への貢献度によって給与額を決めるつもりである事」など、院長の思っている事をそのまま伝えてみることをオススメします。

 


 

お問い合わせがあればは、下記「チャットワーク」からお願いいたします!

 

チャットワークが難しい場合は、通常の問い合わせフォーム(Googleアンケート)か、お電話でお問い合わせください。

月1~3回程度のチャットワークメルマガ(月2回音声と、不定期テキスト)を受け取りたい方は、下記をクリックして承認申請をお願いします(チャットワークアカウントが無い場合は、まずはアカウント作成をどうぞ)。

 
 


C&Pいずみ社会保険労務士法人
代表社員/社会保険労務士/行政書士 泉正道
兵庫県姫路市北条宮の町287-6 ANGELO北条703号

歯科医院の経営者様は、新サイト「デンタルHRラボ」もご覧ください。

↓ ↓


関連記事

初回相談無料

電話は原則、平日、土曜の8時~18時.メール、チャット、Facebookでのお問い合わせは365日対応しています。

08034046857

TOP